naomiguel’s blog

歌うたいナオミゲールのさんぽ道

道の途上の魂うた(タマウタ)歌い~何故うたうか

私は何故、歌おうとするのか、

スピリチュアルプロフェッショナル6期ファイナル(アーティスト部)
〈本郷綜海さんによる〉

以下のリンクは綜海さんのブログより、ですが、
この、動けない、は私はずっとあり、自分の回りに分厚い透明の膜のような壁でもあるかのように
ずっと、緩慢にに辛かったから

スピプロ講座を受講後は、その前の私とは根っこは変わらずとも、
動ける、なにがしか不完全ながら、言いたいことがあれば、言える私にはなっています。

http://ameblo.jp/somihongo/entry-12291729130.html
  
  http://ameblo.jp/somihongo/entry-12292229009.html 〉


の講座を受講するにあたり、見えてきたプロセスの中から出てきた言葉を
以下に記録しました。

**


f:id:naomiguel:20170715124046j:plain

↑こんなところで、歌いたいなんて、ある日思ったり



スピプロに来たのは、(場違いかという気持ちも、引き続き、始まってからもありながら、なんで来ちゃったんだろう、他に大事なことたくさんあるのに、という気持ちもありながら)

私は、スピプロに来たのは、申し込みの段階で、蓋をしていた底にあるものに気がついて、そこに繋がる決意をしたから

歌うことにも、一生かけても、と自分の中にだけある、ある覚悟をしたから、で、

歌手になってライブをたくさんしたい、とか、CD つくりたい、とか、そういうことでもなくて、

今は、言えないけれど、
出来てから言いたいけれど

ちょっと言えば、
誰も聴いていなくても、
遠い地球の裏側、宇宙の果てまでも、すべての存在に届く歌がうたえるようになりたい、

そして、歌うことの中でも、私のこうあってほしい、という

魂の憧憬のような世界を創りたい

文字どおり、創造したいんだ、

もう、戦いも

虐げられ、踏みつけられたり、戦争や理不尽なことで

魂が見捨てられたような、子どもたちや、人々や
動物たち、
長い歴史を守って来た 木々たち

そんな痛み 叫び 
声にならない絶望

もう、そんなことは終わりにしたいから

だから、私は、歌なんかうたってる場合じゃない、と、
踊ってる場合じゃない、と
思ってた

だけれど、

歌うことで、
自分の本当の力

自分を越えた彼方の力が自分の中にあるということ

そこから、皆と繋がっていけることを

大いなるものに明け渡す

小さな自分をその物語りを
その底にあるものを、
歌うことで感じきり
そこで死ぬことで

見えてくる
立つことのできる

新しい地平があることを

本郷 綜海 

さんの、魂と繋がる歌のうたい方®
という独創的なワークショップに通う中で

一歩すすんで二歩下がりながら

なんとか、ここに来て飛び越えたのだか

ここにいます。

ということで、

道(TAO )の途上の魂(TAMAUTA )歌うたい

ということで

橋をぼちぼちでも、渡りつつ、あるのかな

地道にがんばりますm(._.)m



f:id:naomiguel:20170715124337j:plain