naomiguel’s blog

歌うたいナオミゲールのさんぽ道

"Nina Simone - Black Is The Color Of My True Love's Hair" を YouTube で見る

Nina Simone - Black Is The Color Of My True Love's Hair - YouTube




f:id:naomiguel:20171008050233j:plain



f:id:naomiguel:20171008050330j:plain

リトル ガール ブルー

ニーナ・シモン『リトル・ガール・ブルー』 | 外国語・映画・歌・詩&日曜大工&地元学&麻雀



f:id:naomiguel:20171008042847j:plain



f:id:naomiguel:20171008043110j:plain

"You'll Never Walk Alone - Nina Simone" を YouTube で見る

You'll Never Walk Alone - Nina Simone - YouTube




f:id:naomiguel:20171008040826j:plain

たまには blogの 更新をしようと

おもひながら 


書きたいことは


あるような ないような


絵   


音楽


で   いいかな



You 'll Never Walk Alone.

↓↑**

"Over the Rhine Tom" を YouTube で見る

Over the Rhine Tom - YouTube

Over the Rhine なんだろう、この打楽器は! カッコいいので、メモる。。

【模型展】思考する手・生命の建築 〜村山雄一建築設計事務所のしごと〜 | 横浜シュタイナー学園

これに行きたいので、ここにメモしちゃう



f:id:naomiguel:20170730112425j:plain



【模型展】思考する手・生命の建築 〜村山雄一建築設計事務所のしごと〜 | 横浜シュタイナー学園

道の途上の魂うた(タマウタ)歌い~何故うたうか

私は何故、歌おうとするのか、

スピリチュアルプロフェッショナル6期ファイナル(アーティスト部)
本郷綜海さんによる**


*1


の講座を受講するにあたり、見えてきたプロセスの中から出てきた言葉を
以下に記録しました。

**


f:id:naomiguel:20170715124046j:plain

↑こんなところで、歌いたいなんて、ある日思ったり



スピプロに来たのは、(場違いかという気持ちも、引き続き、始まってからもありながら、なんで来ちゃったんだろう、他に大事なことたくさんあるのに、という気持ちもありながら)

私は、スピプロに来たのは、申し込みの段階で、蓋をしていた底にあるものに気がついて、そこに繋がる決意をしたから

歌うことにも、一生かけても、と自分の中にだけある、ある覚悟をしたから、で、

歌手になってライブをたくさんしたい、とか、CD つくりたい、とか、そういうことでもなくて、

今は、言えないけれど、
出来てから言いたいけれど

ちょっと言えば、
誰も聴いていなくても、
遠い地球の裏側、宇宙の果てまでも、すべての存在に届く歌がうたえるようになりたい、

そして、歌うことの中でも、私のこうあってほしい、という

魂の憧憬のような世界を創りたい

文字どおり、創造したいんだ、

もう、戦いも

虐げられ、踏みつけられたり、戦争や理不尽なことで

魂が見捨てられたような、子どもたちや、人々や
動物たち、
長い歴史を守って来た 木々たち

そんな痛み 叫び 
声にならない絶望

もう、そんなことは終わりにしたいから

だから、私は、歌なんかうたってる場合じゃない、と、
踊ってる場合じゃない、と
思ってた

だけれど、

歌うことで、
自分の本当の力

自分を越えた彼方の力が自分の中にあるということ

そこから、皆と繋がっていけることを

大いなるものに明け渡す

小さな自分をその物語りを
その底にあるものを、
歌うことで感じきり
そこで死ぬことで

見えてくる
立つことのできる

新しい地平があることを

本郷 綜海 

さんの、魂と繋がる歌のうたい方®
という独創的なワークショップに通う中で

一歩すすんで二歩下がりながら

なんとか、ここに来て飛び越えたのだか

ここにいます。

ということで、

道(TAO )の途上の魂(TAMAUTA )歌うたい

ということで

橋をぼちぼちでも、渡りつつ、あるのかな

地道にがんばりますm(._.)m



f:id:naomiguel:20170715124337j:plain

*1: 以下のリンクは綜海さんのブログより、ですが、 この、動けない、は私はずっとあり、自分の回りに分厚い透明の膜のような壁でもあるかのように ずっと、緩慢にに辛かったから スピプロ講座を受講後は、その前の私とは根っこは変わらずとも、 動ける、なにがしか不完全ながら、言いたいことがあれば、言える私にはなっています。 http://ameblo.jp/somihongo/entry-12291729130.html      http://ameblo.jp/somihongo/entry-12292229009.html 

Home Sweet Home  埴生の宿 心の奥の奥の方へ

Home,Sweet Home 埴生の宿 『火垂るの墓』挿入曲 【ビクター SP盤】 Amelita Galli-Curci - YouTube





f:id:naomiguel:20170714105509j:plain




8月13日日曜日

代々木公園内のどこかで、

野外⭐ライブ

ピクニック風

16時頃から 日没まで


裏テーマ

終戦記念日に向けて祈る

愛と平和を歌う  

というようなことをすることにしました。


いま 生きている いままで生きてきた

いまから生きていく 

尊い魂へ向けて 心を沿わせて


公園の木々の緑や風、沈みゆく陽の光の中にともに


思いつきから始まりましたが



りょう(Ryo Nakamura )さんに

この Home Sweet Home 埴生の宿

を歌ってもらって

私は 踊る かも知れません。

だいじょうぶかな?


だいじょうぶかな、ということばかりの今ですが

とりあえずの日時のみでも

お知らせさせて頂こうと思います。



Ryo りょうさんの、歌や 琴 ピアノの

演奏とても 私は好きで

その歌 曲の 魂を感じるのです。



だから、私がリクエストをして

一緒に企画していただけることになりました。



この、火垂るの墓挿入歌は

映画はとても、目が腫れてしまうし

よほどでないと観れない、ですが


この曲は、


孫のリヨが、まだ二歳くらいの時に




f:id:naomiguel:20170715083929j:plain





この曲がかかると

私の隣にとことこやって来て 

ちょこんと座り

遠くの方 魂の憧憬を見るかのような

眼差しになり

いつも 聴き入っていました。





f:id:naomiguel:20170714105234j:plain



この曲を聴いていると、心の奥の奥の方へと入ってゆき

滲むように涙💧がでます。








こんどの 8月13日日曜日の夕刻

よかったら、いらしてください。


山崎慎一郎さんが、数年前の呑み屋さんでの(Ayaさんのところの)、つい勢いでしてしまった約束を果たすために、
なんと、ギターと鍵盤ハーモニカで
参加してくれます。


f:id:naomiguel:20170714105018j:plain


私は、沖縄戦のことを唄った、島唄
その魂とともに歌いたいと思っています。




☆今回、こういうことを、急だけれどやはり、やろうという気持ちになった、私のもともとの思いはありながら、その行動へのきっかけにもなった
林桂子さんのブログのリンクを、貼らせて頂きました。↓

http://ameblo.jp/nami-megu/entry-12284082746.html




f:id:naomiguel:20170715134243j:plain